いびき 治療

家庭で行えるいびきの治療法

いびき,治療

いびきの治療法には、家庭で手軽に行えるものと病院での診療が必要となる治療法があります。

 

家庭で行えるいびきの治療法には、生活習慣の改善、寝るときのポジショニングやいびきに効果的な枕などの寝具、寝室などの睡眠時の環境の工夫などがあげられます。また、少し変わったところでは、お灸を使ったり、いびきに効くツボを押すという、東洋的ないびき治療法もあります。

 

前頭部の髪の生え際部分、中央の1センチ上にある上星というツボは、いびきに効果があるということで知られていますから、毎日眠る前にこのツボを押してみると、いびきが楽になるかもしれません。

 

また、仰向けで寝るといびきをかきやすい事から、横向け寝で眠る練習をすることも、いびき治療法のひとつとして大切です。

 

「主治医が見つかる診療所」という番組で紹介されたユニークな方法に、ピンポン球を使ったトレーニングがあります。ピンポン球に5〜10cmの長さに切った紐をつけ、糸の先端を額に貼り付けます。ピンポン球が、まぶたや鼻先など、当たると一番むずがゆくなる部分にくるように糸を調節します。

 

こうして寝ると、横向きに寝ている間はピンポン球が横に落ちているので気にならないのですが、仰向けになるとピンポン球の刺激が気になって眠りを妨げる、というわけです。

 

即効性のあるいびき治療法というわけではありませんが、根気よく続けることで横向き寝が出来るようになるそうです。中には、1回で効果があったという人もいるそうですから、一度試してみても良いかもしれません。